HOME男女別:性病の症状と対策、治し方、病院。


(最新更新日:2017年12月14日)


男性の性病の特徴と治し方。


性病の症状と対策、治し方、病院

男性は性病に感染すると主に『性器が赤くなる』『性器がかゆくなる』『性器が痛くなる』という症状がでます。

さらにすすむと『熱が出る』『体調が悪くなる』という症状もでます。

しかし、感染してもまったく症状が出ない場合もありますので、その点は注意しなければなりません。


男性は性器の構造上(性器があらわなため)、外見的な変化は女性に比べて性病に感染しても見つけやすいという利点があります。

しかしその一方で男性は風俗へ行く人も多いため、そのぶん女性に比べて性病に感染するリスクも高いといえるでしょう。


以下の項目に1つでもあてはまる人は性病に感染している可能性がありますので注意が必要です。


  • よく知らない人とSEXした。
  • コンドームなしでSEXした。
  • 性器がかゆい。
  • 性器が痛い。
  • 性器が赤い。
  • 性器周辺になぞのイボイボがある。
  • 性器周辺にかたいしこりがある。
  • おしっこをするときに痛い。
  • 下腹部の違和感がつづいている。
  • くちびるやくちのなか、のどになぞのできものがある。
  • あたらしい彼女ができた。
  • もう半年以上、性病検査を受けていない。
  • なんとなく体がしんどい。

性病は放っておいても絶対に治りませんので、もし上記に1つでも当てはまる場合は上野クリニックなど、医師に相談してみましょう。


↓【公式HP】 予約はこちらから↓


(無料カウンセリング予約→『性病治療』→「症状」を記入) 【場所ナビ】







女性の性病の特徴と検査方法。


性病の症状と対策、治し方、病院

女性は性器が自分では見えにくいため、男性にくらべて性病にかかりやすく、症状も重くなる場合が多いです。

また、感染しても症状がでない場合も多く(半分以上)、さらに気づかない傾向にあります。

そうこうしているうちにお腹のなかへ菌が入りこみ、手術となる例も少なくありません。

さらに、女性は性病にかかったまま放置しておくと「不妊」の問題も絡んできます。

もちろん、感染したまま性行為に及んでしまうと高確率でパートナーを感染させてしまいます。


以下の項目に1つでもあてはまる人は性病に感染している可能性があります。


  • よく知らない人とSEXした。
  • コンドームなしでSEXした。
  • おりものがふえた。
  • ヨーグルト状、カッテージチーズ状のおりものがでる。
  • 黄色く、泡だった、臭いのきついおりものがでる。
  • 性器がかゆい。
  • 性器が痛い。
  • 性器が赤い。
  • 性器周辺になぞのイボイボがある。
  • 性器周辺にかたいしこりがある。
  • おしっこをするときに痛い。
  • 下腹部の違和感がつづいている。
  • くちびるやくちのなか、のどになぞのできものがある。
  • あたらしい彼氏ができた。
  • もう半年以上、性病検査を受けていない。
  • なんとなく体がしんどい。

気になる症状や性行為があった場合にはさくら検査研究所の自宅でできる簡単検査キットなどを使い性病に感染しているかどうか調べてみましょう。


↓【公式HP】 検査はこちらから↓