HOMEエイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院


(最新更新日:2017年6月22日)


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

エイズ(HIV)とは?


エイズ(AIDS)とは体の免疫力が低下して様々な病気が治りにくくなる不治の病です。


世間一般では『HIV=エイズ』とされていますが、正確には「HIV」はウイルスの名前で「エイズ(AIDS)」が病気の名前です。つまり「HIV(Human Immunodeficiency Virus:ヒト免疫不全ウイルス)」というウイルスによって引き起こされ、そのウイルスに感染した状態を「エイズ(Acquired Immuno-Deficiency Syndrome=AIDS(後天性免疫不全症候群))」と呼びます。


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

現在、日本のエイズ患者数は約25,000人とされています。


エイズを根治させる薬は開発されていませんので、エイズ(HIV)は1度かかると一生治らない不治の病です。

治療を行わなかったりウイルスを抑える薬がうまく効かなけれれば患者の多くが5年前後で亡くなってしまう恐ろしい病ですが、近年では医学の発展により早期発見・治療を行うことで死亡率を大幅に下げられるようにもなってきています。


このページをご覧になっているあなたがもしHIV感染の不安を抱えているのであれば、他人にうつさないように注意して、検査を受け、感染がわかればできるだけ早くに病院で治療を行うようにしましょう。


(関連ページ→ 検査キットはこちら





エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

HIVの感染経路


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

HIVにはHIV(ウイルス)を含む血液・精液・膣分泌液・母乳などが傷口や粘膜に長時間接触することで感染します。


感染の確率は約1%です。他の性病などと比べると感染の確率は低いですが、一度感染すると治りませんから油断禁物です。


HIV感染は十数年前までは『性行為』『血液感染』『母子感染』が3大感染経路でしたが、今では『性行為』がほとんどです。『コンドーム不使用』もしくは『コンドームを正しく使わなかった』状態で、『特定のパートナー以外と』もしくは『風俗で』もしくは『海外で』性行為をした場合は、念のために検査を受けたほうがよいでしょう。さらに男性同士の性交渉はさらに危険度が高くなります(肛門括約筋のはたらきで精液が直腸内に長くとどまり粘膜と長時間接触するため)。


なお、HIVの感染力はとても弱いので上記3つの感染経路を除いた、例えば日常生活などで感染する恐れはほぼありません。よく噂される『キスでの感染』だったり『感染者の血を吸った蚊に刺された』としても感染することはありません。

また性行為で感染するといっても、コンドームを完璧に使用すればHIVに感染することはありません。


エイズの知識をきちんと持つことも、HIV感染の確率を大幅に下げるためはとても大切なことです。





エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

性行為での感染理由


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

HIVは「精液」「膣分泌液」「血液」に存在しています。

HIV感染は十数年前までは『性行為』『血液感染』『母子感染』が3大感染経路でしたが、今では『性行為』がほとんどです。

性行為でHIVに感染するためには次の4パターンのいずれかを行う必要があります。

1.HIVに感染した男性が、女性の膣内で射精。

2.HIVに感染した女性の膣内に、男性がペニスを挿入。

3.HIVに感染した男性が、肛門にペニスを挿入。

4.HIVに感染した人の肛門に、男性がペニスを挿入。

※女性同士は膣液が相手の体内に入りにくいので感染の危険性は低い。


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

HIVは感染力はとても弱いですが、粘膜に長時間ウイルスを触れさせていると感染の危険性が高まります


オーラルセックス(口淫)では、精液や膣分泌液を飲まずに行為後にうがいをすれば問題ありませんが、飲んでしまったり、うがいをせず口の中に残したまま翌朝を迎えてしまうと、長時間粘膜と接触するので感染の危険性があります。


なお、男性と女性を比べると、女性の方が粘膜に精液が長時間接触しやすいのでHIVに感染しやすい傾向にあります。





エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

エイズ(HIV)の症状


HIVに感染すると、初期症状として風邪と同じような症状がでる場合があります。

具体的には微熱、リンパ節の腫れ、咳、下痢などです。

これはHIV(ウイルス)が体内で大量に増殖しているためです。


しかし症状はその後、すぐに落ち着きます。


エイズという病はHIV(ウイルス)に感染していても、エイズが発症していなければ基本的には無症状で見た目も体調も感染していない人と見分けがつきません。

「あの怪しい性行為の後からなんだか体調が悪いな…」と思って病院へ行っても「HIVに感染したかもしれない」と自分から申告しなければ風邪薬を渡されて終わりです。


無症状期間は数年間続きます


エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

HIVに感染しているにも関わらず治療せずに放っておくと、徐々に免疫力が低下していき、やがてエイズが発症します。

すると、イソスポラ症やクリプトコッカス症、ニューモシスチス肺炎、カポジ肉腫、日和見感染症などの病気が具体的な症状として体にあらわれてきます。


それらの病気は本来であれば白血球の働きで倒せるものですが、HIV(ウイルス)のために体が病気にかかりやすく、また治りにくくなっているので、そこから肺炎などを併発して死亡してしまう可能性が出てくるのです。


ですから現代においては、できるだけ早くにHIV感染を判明させて、エイズが発症しないよう薬でコントロールすることがとても大切になります。


厚生労働省のデータでは、現在日本では約6,000人程度の人が自分が感染したことに気づかず生活をしているとされています。感染に気づかずに性行為を繰り返すと、言うまでもなくウイルスをばら撒くことになりますし、そのあいだに自身の病状もすすんでいきます。


何か不安なことがあれば、必ず検査を受けるようにしましょう。


(関連ページ→ 検査キットはこちら





エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

『エイズ』と『HIV』の違い



エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

世間一般では『HIV=エイズ(AIDS)』とされていますが、正確にはHIVは「ウイルスの名前」で、エイズ(AIDS)は「病気の名前」です。つまり、HIVというウイルスに感染することで、エイズという病気になるということです。


エイズは不治の病で、発症すると体の免疫力が低下し全ての病気が治りにくくなります。治療を行わなかったりウイルスを抑える薬がうまく効かなけれれば、患者の多くは5年前後で亡くなってしまいます


しかしここで重要なのは、HIVに感染してからエイズが発症するまでには時間があるということです。早期に治療を行うことで、エイズの発症を抑えたり免疫低下に伴う合併症を予防したりすることが可能です。


もちろんエイズが完治するわけではないので、生きているあいだは治療を継続する必要がありますが、薬も年々良くなってきています。1990年代、エイズ治療薬といえば1日に20錠以上もの薬を服用しなければならずそれに伴う副作用もひどいものでしたが、現在では主となる薬1錠と補助となる薬2錠を併せた3種類の薬を服用する方法がメジャーとなっていますし(抗レトロウイルス薬など複数の薬を用いた併用療法等)、将来的には1日1錠でよくなったり、月1度の注射で間に合うような薬も開発中です。それにあわせて副作用も低く抑えられたり、薬の選択肢も増えていくでしょう。


実際にHIVに感染しても早期に発見してしっかりと治療を行っている人の中には、元気に何年何十年と生きている方も大勢いらっしゃいます。近年の研究では早期に治療を開始したHIV感染者の若者の平均余命は非感染者とほぼ変わらない水準まで伸びていることもわかってきました。


ともかく、いま最も大切なことは、HIVに感染を早期に見つけて、しっかり治療を行うということです。


HIVに感染した恐れのある人は、他人にうつさないよう注意して、できるだけ早期に感染しているかどうかの検査を受け、そして病院で適切な治療を行うようにしましょう。


(関連ページ→ 検査キットはこちら





エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

エイズ(HIV)の治療



エイズ(HIV)の症状と対策、検査、病院

エイズ(HIV)は不治の病です。

人生を左右する病気ですから狼狽してしまいますが、必ず医師に診察してもらわなければなりません。


病院へ行こうかどうしようか迷っているときは、誰もが生きた心地がしないといいます。

しかしHIVへの感染率は1%前後です(ほとんどの人が陰性)。


なかには陽性となってしまう人もいますが、その場合も近年では迅速で的確な治療で自身の生存率を高めることはもちろん、大切な人への感染を防ぐこともできます。


エイズは放っておいても自分自身で勝手に薬を選んでも治ることは絶対にありません。

むしろ病状は悪化するいっぽうです。

できるだけ早く病院へ行くようにしましょう。


エイズの治療は上野クリニックへ。


上野クリニックは全国14ヶ所に展開していて、全国どこのクリニックでも同じレベルの治療が受けられる大人気の性病専門科のクリニックです。

性病治療を専門に行なっているので、エイズ(HIV)に関しても丁寧に診てもらえます。

また自由診療のクリニックなので、保険証に履歴を残すことなくエイズ(HIV)の診察・検査・治療を受けることも可能です。

土日も開院しているので仕事が忙しい人も大丈夫。

気になる症状や性行為のある方はできるだけ早く上野クリニックを予約・受診してみましょう(上野クリニックは【男性専用】のクリニックです。女性はこちらのページをご覧ください)。



(「無料カウンセリング予約」→「性病治療」→「症状」を記入) 【場所ナビ】

上野クリニック 所在地。

北海道 札幌市中央区北4条西2-3F (最寄り駅:JR札幌駅)

宮城 宮城県仙台市青葉区中央1-6-27-7F (JR仙台駅)

埼玉 埼玉県さいたま市大宮区宮町2-11-7F (JR大宮駅)

上野 東京都台東区根岸1-8-18-4F (JR鶯谷駅)

新宿 東京都新宿区西新宿1-3-15-8F (JR新宿駅)

神奈川 神奈川県横浜市西区南幸1-11-2-4F (JR横浜駅)

千葉 千葉県中央区富士見1-2-11-6F (JR千葉駅)

新潟 新潟県新潟市中央区花園1-4-6-2F (JR新潟駅)

愛知 愛知県名古屋市中村区椿町5-6-6F (JR名古屋駅)

京都 京都府京都市下京区新町通七条下ル東塩小路町593-1F

大阪 大阪府大阪市北区梅田1-2 駅前第2ビル2F (JR大阪駅)

岡山 岡山県岡山市北区本町6-36-3F (JR岡山駅)

広島 広島県広島市中区基町11-5-3F (広電紙屋町東電停)

福岡 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-7-8F(JR博多駅)