HOME梅毒(ばいどく)の症状、原因、治療がわかる。


(最新更新日:2017年6月22日)


梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒ばいどくとは



梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)とは「梅毒トレポネーマ」という病原菌による性感染症です。代表的症状である「赤い発疹」が楊梅(ヤマモモ)に似ていることから梅毒と名付けられました。


梅毒(ばいどく)の症状と対策、治し方、病院

梅毒はもともとコロンブス一行が新大陸を発見した際に、原住民と性的関係をもったことからヨーロッパや世界へと広まったといわれています。当時は特効薬や避妊具がなかったことから、多くの人が感染・死亡しました。一説ではヘンリー8世やロートレック、坂本龍馬も梅毒だったのではないかといわれています。


梅毒の菌(梅毒トレポネーマ)は感染者の性器などに存在していて性行為を通じて粘膜や皮膚の小さな傷から体内に侵入してきます。感染後約3週間で症状があらわれはじめ、出たり消えたりを繰り返しながら病気は進行します。


現在では特効薬があるので早期発見・早期治療によって完治が可能ですが、治療が遅れたり治療せずに放っておくと脳や心臓が合併症を起こして死に至る可能性もありますから、決して油断はできません。また完治したとしても感染を繰り返すことがありますので予防も大切です。


梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

上の表は日本での梅毒感染者数の推移をあらわしています。(参考:厚生労働省HP)


梅毒患者は1967年以降減少傾向にありましたが2010年になって急増し、2015年は2,000人、2016年には42年ぶりに4,000人を突破。さらに今年は3月末日時点で既に1,000人を突破するなど、昨年を上回るペースで爆発的に増加しています。


患者の中には感染しているにも関わらず病院にも行かない「隠れ梅毒」の人もたくさんいますから、実際にはこの何倍もの感染者がいると推測されます。


感染者の中心は性活動の盛んな20〜40代で、近年では特に若い女性の患者が増加しているのが特徴です。





梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒ばいどくの感染経路



梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)は性行為によって感染します。


梅毒の病原体は性器に多く存在しているため、性行為によって皮膚や粘膜の小さな傷から体内に入りこんでくるわけです。

性行為の種類は関係なく、すべての性行為(オーラル、アナル等)で感染の危険があります。梅毒は性病のなかでも特に感染しやすいため、唇や喉を怪我しているときにはキスだけでも感染の恐れがあります。


また梅毒は麻疹(はしか)のように一度かかれば二度目はかかりにくいというものではないため、一度なっていたとしても何度でも梅毒になる可能性があります。つまり梅毒は性行為をする限り一生注意しなければならない病気です。


梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

近年では女性の梅毒患者の増加に伴い、出産時赤ちゃんにも感染してしまう母子感染も増えています。

妊娠初期〜中期に感染、もしくは感染したまま出産すると、赤ちゃんにも梅毒がうつって、死亡、流産、早産となる可能性があります。妊娠後期に感染すると先天梅毒児が生まれる可能性があります。


なお梅毒に感染すると普段は感染しにくいエイズへの感染率も爆発的に増加します。特に同性愛者間では梅毒感染が顕著ですから、HIV感染と共に細心の注意を払いましょう。






梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒ばいどくの症状



梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)の症状は4つの期間を経て重症化していきます。

症状のあらわれる期間あらわれない期間が交互にくるのが最大の特徴です。

症状が消えたとしても梅毒は治っていませんから注意しましょう。


梅毒は1〜2期であれば抗生物質の注射と内服薬(ペニシリン)を1〜2ヵ月飲むことで完治しますが、3〜4期になれば治療は長期間に及び障害が発生する可能性があります。そのためできるだけ早く(遅くとも2期までに)治療を行うことが大切です。


『1期(感染から3週〜9週)』

梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)ウイルスが水面下で全身に広がり始めていきます。感染した部分(性器や口など)に硬いしこり(初期硬結)やブツブツ(1cm以内)ができます。痛みやかゆみはなく、しこりは潰瘍になって自然に消えます。また首、わき、足のリンパ節が硬く腫れます。この時期に治療を行えば1ヵ月程度の投薬治療で完治します。


『2期(9週〜3ヶ月)』

梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)ウイルスが血液にのって全身にまわります。感染部位だけでなく全身に症状が出始めます。体やてのひら、足の裏など全身に5mm〜2cmくらいのピンク色の痣(バラ疹)や赤茶色のブツブツ(丘疹)が多数できます。わきや性器に悪臭を放つブツブツができます。痛みやかゆみはありません。これらの症状は出たり消えたりします。また微熱、だるさ、頭痛、脱毛などの症状が出る場合があります。この時期に治療を始めたら完治までには2ヵ月程度の投薬が必要となります。


『3期(3年〜10年)』

梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

全身の皮膚・骨・筋肉に硬いコブのような結節性梅毒ゴム腫がいくつもあらわれます。放っておくと消えてきますが、あとに瘢痕ができるので見た目が悪くなります。もちろん結節性梅毒ゴム腫が消えても梅毒が治ったわけではありません。


『4期(10年〜)』

梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

心臓や目、中枢神経、脳、血管などに重い障害が出はじめ、痴呆症状が出たり、麻痺が出て立ったり歩いたりすることもできなくなります。臓器も腐り始め、日常生活が困難になり、死に至る場合があります



※ 妊婦は梅毒に要注意!!

梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

妊娠初期〜中期に梅毒に感染、もしくは感染したまま出産すると、胎児へも梅毒が感染して死亡、流産、早産となる場合があります。妊娠後期に梅毒に感染すると先天梅毒児が生まれる可能性が高くなります。お腹の赤ちゃんには妊娠4ヶ月以降に影響してくるので、それまでに治療を行えば心配いりません。






梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒ばいどくの治療。



梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

梅毒(ばいどく)の治し方は病院で治療をうけるしかありません。


梅毒が自然に治ることはないため、放っておくと自分の体が蝕まれるのはもちろん、奥さんや恋人にうつしてしまう可能性があります。


ただそうはいっても病院へは行きにくいですよね。


保険証の履歴から『梅毒の治療を受けた』ということが恋人や家族、パートナーにバレると離婚破局になる可能性も十分にあり得ます。


そんな梅毒の治療におすすめしたいのが上野クリニックです!


梅毒(ばいどく)の検査、症状、治療、病院

上野クリニックは家族や恋人など誰にもバレることなく医師に診てもらえる大人気の性病専門科のクリニックです。全国14ヶ所に展開していて性病治療を専門にしていますから、全国どこでも同じレベルの診察が提供されています。


梅毒の治療は早期であればあるほど効果的ですから、気になる症状があれば今すぐ予約・受診しましょう(上野クリニックは【男性専用】のクリニックです。女性はこちらのページをご覧ください)。



(「無料カウンセリング予約」→「性病治療」→「症状」を記入) 【場所ナビ】

上野クリニック 所在地。

北海道 札幌市中央区北4条西2-3F (最寄り駅:JR札幌駅)

宮城 宮城県仙台市青葉区中央1-6-27-7F (JR仙台駅)

埼玉 埼玉県さいたま市大宮区宮町2-11-7F (JR大宮駅)

上野 東京都台東区根岸1-8-18-4F (JR鶯谷駅)

新宿 東京都新宿区西新宿1-3-15-8F (JR新宿駅)

神奈川 神奈川県横浜市西区南幸1-11-2-4F (JR横浜駅)

千葉 千葉県中央区富士見1-2-11-6F (JR千葉駅)

新潟 新潟県新潟市中央区花園1-4-6-2F (JR新潟駅)

愛知 愛知県名古屋市中村区椿町5-6-6F (JR名古屋駅)

京都 京都府京都市下京区新町通七条下ル東塩小路町593-1F

大阪 大阪府大阪市北区梅田1-2 駅前第2ビル2F (JR大阪駅)

岡山 岡山県岡山市北区本町6-36-3F (JR岡山駅)

広島 広島県広島市中区基町11-5-3F (広電紙屋町東電停)

福岡 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-7-8F(JR博多駅)