(最新更新日:2017年10月17日)

秋は性病の季節!

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

秋になりました。

少しずつ肌寒くなるにつれて人恋しさから、さほど親しくない人と性的関係をもってしまったり、キチンと管理されていない風俗へ行ってしまった人も少なくないでしょう。


しかし、性病はそんな一瞬の油断で簡単に感染してしまう怖い病です。特に、特定のパートナー以外との性行為は性病感染の可能性が非常に高いので、注意する必要があります。


性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

日本では性病が蔓延していて、このWEBサイトにも日々膨大な人が訪れています。性病は一度感染したら病院へ行かないかぎり絶対に治ることはなく、そのあいだにも自身の体が蝕まれるのはもちろん、大切な家族やパートナー、恋人をも感染者にしてしまいます。





性病は病院へ行かないかぎり治らない。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

性病は病院へ行かないかぎり、絶対に治りません

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

洗っても、安静にしていても、放っておいても、性病が治ることはなく、唯一の治し方は病院へ行って治療を受けることだけです。性病によっては感染しても症状がでない場合もあり、そのあいだに自身が蝕まれるのはもちろん、家族や恋人も感染させてしまいます。さらに、治療が遅れると、妊症しにくい体になったり、他の臓器に影響が出たり、最悪の場合は命に関わることもあります。





でも、病院には行きにくい。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

とは言っても、泌尿器科や皮膚科、性病科へは行きにくいですよね。

性病、症状、原因、対策、検査、治療方法

近所にある泌尿器科や性病科で保険証を使って治療を受けると、後日『◯◯泌尿器科・受診』『△△性病科・受診』という履歴が明記された医療費通知が自宅へと送られてきてます。

すると、そこから家族や恋人に「なぜ泌尿器科へ行ったの?」「性病科受診ってどういうこと?」と性病に感染したこと、性病の治療を受けたことがバレてしまい、破局や離婚に発展するリスクもあります。




どうしたらいいの?




そこでおすすめなのが・・・

上野クリニックです!


性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

全国14ヶ所に展開している性病専門科のクリニックで、ここでは家族や恋人にバレることなく性病を診てもらえます(保険を使わない自由診療なので、治療を受けても保険証に履歴が残らないので)。


さらに性病専門科ですから長年の深い知識高度な治療テクニックがあるのは言うまでもありません。土日祝日も開院していたり、予約から診察まですべてを男性が対応してくれるのも人気の理由といえるでしょう。


治療は早ければ早いほど効果的ですから、気になる症状があれば今すぐ予約してみましょう。


↓【公式HP】 予約はこちら↓


(「無料カウンセリング予約」→「性病治療」→「症状」を記入) 【場所ナビ】

上野クリニック 所在地。

北海道 札幌市中央区北4条西2-3F (最寄り駅:JR札幌駅)

宮城 宮城県仙台市青葉区中央1-6-27-7F (JR仙台駅)

埼玉 埼玉県さいたま市大宮区宮町2-11-7F (JR大宮駅)

上野 東京都台東区根岸1-8-18-4F (JR鶯谷駅)

新宿 東京都新宿区西新宿1-3-15-8F (JR新宿駅)

神奈川 神奈川県横浜市西区南幸1-11-2-4F (JR横浜駅)

千葉 千葉県中央区富士見1-2-11-6F (JR千葉駅)

新潟 新潟県新潟市中央区花園1-4-6-2F (JR新潟駅)

愛知 愛知県名古屋市中村区椿町5-6-6F (JR名古屋駅)

京都 京都府京都市下京区新町通七条下ル東塩小路町593-1F

大阪 大阪府大阪市北区梅田1-2 駅前第2ビル2F (JR大阪駅)

岡山 岡山県岡山市北区本町6-36-3F (JR岡山駅)

広島 広島県広島市中区基町11-5-3F (広電紙屋町東電停)

福岡 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-7-8F(JR博多駅)





性病の症状、原因、対策、検査、治療方法 性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

主な性病と症状



クラミジア

感染者数100万人以上。日本で最も感染者の多い性病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『尿道からの膿』『排尿時の痛み』『発熱』『おりものの増加』『性器の痒み』『出血』『性交時の痛み』

感染者数100万人を超えるといわれる日本で最も感染者数の多い性病。あらゆる性行為を通じて感染する。症状は『尿道からの膿』『排尿時の痛み』『尿道の痒み』『発熱』『おりものの増加』『出血』『性交時の痛み』など。感染しても無症状の人も多くそれが感染者数を増加させる要因にもなっている。女性は放っておくと子宮外妊娠や不妊症の原因に。若者の3割は感染している可能性が。 → クラミジアの詳細




淋病りんびょう

クラミジアと双璧をなすほど有名で感染者の多い性病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『尿道からの白っぽい多量の膿』『排尿時の激痛』『尿道の痒み』『発熱』『排尿の勢いが緩くなりポトリポトリと落ちる』『おりものの増加』『出血』『性交時の痛み』

日本では最も有名な性病。感染者数もクラミジアと肩を並べる。あらゆる性行為を通じて感染する。症状は『尿道からの白っぽい多量の膿』『排尿時の激痛』『尿道の痒み』『発熱』『排尿の勢いが緩くなりポトリポトリと落ちる』『おりものの増加』『出血』『性交時の痛み』など。しかし実際は多くの場合が無症状。特に女性は感染してもほとんど気づかない。 → 淋病の詳細




トリコモナス

小さな虫(チツホネマクムシ)が原因の性病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『悪臭の強い泡状のおりものの増加』『強い痒み』

主に性行為を通じて感染。まれに下着やタオル、便器、風呂場などを通じても感染する場合がある。感染者はほとんどが女性。感染すると『悪臭の強い泡状のおりものの増加』『強い痒み』などの症状があらわれる。しかし感染者の半分は無症状。感染したまま放っておくと子宮外妊娠や不妊症の原因にな。 → トリコモナスの詳細




カンジダ

元々保有している菌が悪さをする性病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『痒み』『ヨーグルト状のおりものの増加』『性交時の痛み』『排尿障害』

人間がもともと体内で保有している菌が体調不良やストレス、風邪、ステロイドの過剰摂取、妊娠などを原因として悪さをはじめる病。性行為を通じての感染もあるがごく少数。『痒み』『ヨーグルト状のおりものの増加』『性交時の痛み』『排尿障害』などの症状が特徴。 → カンジダの詳細




梅毒ばいどく

一昔前までは不治の病。現在はペニシリンで完治可能。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『硬くて赤い小さなしこり』『微熱』『だるさ』『頭痛』『脱毛症状』『ピンク色の痣』『赤茶色のブツブツ』『しこり』

皮膚や粘膜の小さな傷から原因菌が侵入し感染する感染症で、一昔前までは不治の病として恐れられていたが現在では早期の治療で完治可能に。感染すると約3週間後に小さなしこりができ、リンパ節が腫れる(しばらくすると消える)。その3ヶ月後には円形のピンク色の痣や豆サイズの赤茶色のブツブツができ、脱毛症状があらわれる(しばらくすると消える)。そして3年後には皮膚の下に大きめのしこりができる。その後、心臓や目、神経などに重い障害が出る。 → 梅毒の詳細




HIV・エイズ

感染率1%の弱いウイルス。早期治療で発症を抑えることも。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『感染しても、数ヶ月〜10年は無症状』『検査は感染日から3ヶ月後以降に』

HIVウィルスを含む血液や精液、膣分泌液、母乳などが相手の傷口や粘膜部分に接触することで感染する。HIVウイルスは非常に感染力が弱いものの、1度感染してしまうと現時点では一生付き合っていかなければならない不治の病。感染ルートは性行為、血液感染、母子感染の3本柱。HIVは感染しても症状はすぐには出ない。10年程度は無症状(感染後1ヶ月で風邪やインフルエンザのような症状がでる場合も)。しかし、その間にも免疫力は確実に低下していき、結果さまざまな病気を発症する。 → HIV・エイズの詳細




尿道炎にょうどうえん

性病の代表的な症状。性行為によって感染。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『痛み』『かゆみ』『膿』

性病では代表的な症状のひとつで、尿道へ雑菌が入り込み、そこで繁殖して炎症を起こす病。原因はほぼ100%性行為によるもの。主に淋菌、クラミジア菌が原因のものと、それ以外の雑菌(ブドウ球菌やインフルエンザ菌、口内の雑菌)が原因のものと半々くらい。 → 尿道炎の詳細




B型肝炎

ウイルスによって起こる肝炎。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『発熱』『黄疸』『倦怠感』『赤褐色の尿』

B型はあらゆる性行為を通じて感染。感染・発症すると『発熱』『黄疸』『倦怠感』『赤褐色の尿』などの症状があらわれる。感染者の半数以上は症状が出ないまま自然に治り、また発症したとしても一過性の病で完治する。しかし、ごくまれに肝炎が劇症化する場合があり、その場合は肝移植を行わなければならない。 → B型肝炎の詳細




子宮頸癌しきゅうけいがん

20〜30代の女性が発症するガンの中で第1位。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『性交時の出血』や『月経時以外の出血』『おりものの異常』『お腹・腰の痛み』

初期症状はほとんどありません。進行すると『性交時の出血』や『月経時以外の出血』『おりものの異常』『お腹・腰の痛み』などの症状があらわれます。そうなると子宮摘出だけでなく命にかかわる場合もあります。予防ワクチンの接種や定期的な検診が大切です。 → 子宮頸がんの詳細




尖圭せんけいコンジローマ

性器周辺にイボイボができる性病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『謎のイボイボが大量発生』

あらゆる性行為で感染します。感染・発症すると、カリフラワーや乳首のようなイボイボが性器周辺にできます。少し痒みをおぼえる場合もありますが、そのほとんどが無症状です。しかし、そのまま放っておくと、イボはどんどん大きくなり、数も増えていきます。また、女性の多くは発症していないだけでHPVウイルスには感染しているといわれています。 → 尖圭コンジローマの詳細




性器ヘルペス

性器周辺に水疱ができる性病。とにかく痛い。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『小さな水疱』『痛み』『痒み』『排尿困難』

あらゆる性行為で感染します。発症すると性器やその周辺に小水疱ができます。非常に痛く、かゆみもあり、また排尿も困難になります。「性病症状の代表格」のような性病といえるかもしれません。治ったと思っても体調不良のときなどに再発してしまうこともあり、なかなか厄介な性病です。男性よりも女性のほうが症状が重く、また長引きやすいのが特徴です。 → 性器ヘルペスの詳細




毛じらみ

全身の毛に虫が寄生。とにかくかゆい。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『毛にフケや粉のような白いもの』『地上最強のかゆみ』

人の血を吸って生きるケジラミという昆虫に寄生されることで起こります。ケジラミは毛に寄生しますので主な感染源は性行為の時の陰毛の接触です。寄生されてから1〜2ヵ月すると猛烈なかゆみに襲われます。その痒みは人前でも我慢できずに股間を掻きむしってしまうほどのかゆさです。ケジラミは1〜2mmととても小さいので肉眼ではフケやゴミにしか見えません。剃毛(毛の全剃り)が安価で効果的な治療法となります。 → 毛じらみ症の詳細




疥癬かいせん

ダニが原因。感染力が強く最高ランクのかゆみ。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『赤いポツポツ』『かゆみ』

ヒゼンダニ(皮癬ダニ)が寄生して起こる性感染症です。皮膚どうしの接触によるダニの移動が感染原因です。手首や指の間、ひじ、腋、股、外陰部、胸など全身どこにでも住みつきます。感染力がとても強く、性交渉はもちろん、老人ホームや銭湯でも感染します。寄生後、1ヶ月程度で赤いポツポツができ激しい痒みに襲われます(種類によっては白いアカのようなものが出る場合も)。 → 疥癬の詳細




軟性下疳なんせいげかん

発展途上国帰りの人は注意。痛い潰瘍と股のリンパ痛。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『痛み』『発熱』『リンパの腫れ』

日本ではほとんど見かけない性感染症ですが、発展途上国ではメジャーですのでそれらの地域から帰国した人は要注意です。軟性下疳菌が原因で起こります。性器や性器周辺に猛烈に痛い潰瘍ができ同時に股のリンパ節が腫れて痛みだします。発症中はその痛みに性行為どころではないため幸か不幸かそれが患者数を抑える要因になっています。 → 軟性下疳の詳細




赤痢せきりアメーバ

肛門に口をつけた人、不衛生な物を食べた人は要注意。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『血便』『発熱』『食欲不振』『嘔吐』

赤痢アメーバという原虫が口から入ることで感染します。原虫は糞便中に潜むため、性行為中に肛門に口をつけることで感染します。また汚染された飲食物などを口にすることでも感染します。患者は男性は30〜50代、女性は20〜30代に多いのが特徴です。 → 赤痢アメーバ症の詳細




亀頭包皮炎きとうほうひえん

包茎の人は要注意。性器が赤くなり痛みや痒みが発生。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『かゆみ』『痛み』『白いカス』『性器が赤くなる』『包茎の人は注意』

男性特有の感染症です。何らかの原因でできた性器の小さな傷から細菌が入り込み炎症を起こします。包茎の人がなりやすいことでも知られています。基本的に誰かから感染するという類のものではありません。かかると痒みや痛みが発生します。 → 亀頭包皮炎の詳細




細菌性膣炎さいきんせいちつえん

妊娠中は要注意。膣内の最近が異常繁殖する感染症。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『おりものの増加』『かゆみ』『痛み』『排尿時の違和感』『微熱』

女性特有の病です。『膣症(ちつしょう)』ともよばれます。もともと誰もが持っている細菌が体調不良やストレス等で膣内で増殖・炎症を起こす病を細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)と呼びます。簡単にいうと細菌が原因の膣の炎症です。女性であれば誰でも(処女であっても)かかる可能性があります。原因は不明ですが体調不良や過度なストレス、激しい性行為などはよくありません。妊娠中の方は早産の危険性が何倍も高くなります。 → 細菌性膣炎の詳細




外陰炎がいいんえん

過度なセックス、性器まわりの不衛生で起こる炎症。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『おりものの増加』『かゆみ』『痛み』『排尿時の違和感』『微熱』

女性特有の感染症です。過度な性行為や性器周辺を不衛生な状態しておくなど、様々な原因(体調不良やストレスも)が重なって外陰部が炎症を起こす病です。細菌性膣炎と同時に発症することが多いのが特徴です。 → 外陰炎の詳細




精巣上体炎せいそうじょうたいえん副睾丸炎ふくこうがんえん

精巣上体に細菌が入り、炎症を起こす病。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    精巣や睾丸の腫れ・硬いシコリ・痛み、発熱、下腹部の違和感、排尿時の痛み。

精巣上体(副睾丸)に細菌が入り、炎症を起こす病です。睾丸周辺の痛みと発熱があります。尿道から細菌が伝ってきて、精巣上体まで感染した時に発症します。性病が原因の場合もあれば、尿道炎や前立腺肥大などが原因の場合もあります。 → 精巣上体炎(副睾丸炎)の詳細




前立腺炎ぜんりつせんえん

前立腺が炎症を起こす病気。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    発熱、痛み、会陰部・下腹部の違和感、頻尿、残尿感など。

前立腺が炎症を起こす病です。細菌が原因のものもあれば、長時間のデスクワークや自転車の乗りすぎなど前立腺への刺激が原因のものもあります。特に慢性前立腺炎は生活習慣が原因の場合が多く、原因の特定から治療まで長期に及ぶことも多くなります。30〜50代に多い病気です。 → 前立腺炎の詳細




血精液症けつせいえきしょう

精液に血が混じる病気。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    ピンク色の精液、赤色精液、小さい赤黒い点々の混じった精液

精液に血が混じる病気です。精液は「精子」と「前立腺・精嚢分泌液」からできていますので、そのどちらかが出血しているに関係していることになります。精液が出血に関係しているならば精巣、精巣上体、精管のいずれかから、前立腺分泌液が関係しているなら前立腺もしくは精嚢からの出血です。 → 血精液症




咽頭炎いんとうえん

喉に性病菌が感染する病気。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    性病菌の場合、症状はほとんどありません。オーラルセックスに注意!

性病の菌が喉に感染する病気です。症状はほとんどありません。そのため自分では感染していることに気が付かず、性行為に及んで相手を感染させてしまうケースが多発しています。オーラルセックスに注意しましょう。 → 咽頭炎




性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

男性器の先端(亀頭)にできる謎のブツブツです。白っぽいブツブツが数個〜十数個できるのが特徴で、大きさは米粒ほどのものもあればとても小さいものまで様々です。このブツブツは脂肪の塊であり、誰にでもできる可能性がありますが、特に包茎の人にできやすいといわれています。 → 性器の謎のブツブツの詳細




仮性包茎かせいほうけい

日本人男性の7割がこの状態。早漏や性病の原因にも。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『20歳を過ぎて、亀頭に皮がかぶったままの状態』

成人を迎えても男性器の先端(亀頭)に皮がかぶさったままの状態。症状によっては陰茎ガン、亀頭包皮炎の原因となります。包茎だと性病が治りにくかったり早漏にもなりやすいです。今では手術で簡単に治すことができます。 → 包茎の詳細




ED(勃起不全)

十分な勃起にならない、またはそれを維持できない状態。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『男性であれば誰でも起こりうる病。精神的、肉体的、病的な理由から発病』

様々な要因から十分な勃起にならない(硬さや大きさが足りない)、もしくは勃起を維持できない状態をいいます。完全に勃起ができない人はもちろん、「勃起はするものの、行為の途中で萎えてしまう人」「時々、勃起しない人」「勃起に時間のかかる人」「満足な性行為が行えない人」などもEDの疑いがあります。若年〜中年層(30〜50代)のED率も増加してきていて、成人男性の25%がEDであるというデータもあります。→ ED(勃起不全)の詳細




ピロリ菌と胃がん

様々な病気を引き起こす細菌。胃がん患者のほぼ100%がピロリ菌に感染。

性病の症状、原因、対策、検査、治療方法

    『中高年の70%は感染。簡単な検査ですぐわかり、薬でかんたんに除菌可能。』

ピロリ菌とは胃の粘膜に住みつき、胃や十二指腸の様々な病気(胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん…)を引き起こす細菌です。日本人の50%、特に中高年だけをみると70%以上が感染しているといわれていて、一度感染すると除菌しない限り自然にいなくなることはありません。ピロリ菌を除去すると胃の病気にかかる可能性は激減するといわれています。→ ピロリ菌と胃がんの関係の詳細